シミ取りレーザー治療は痛い?施術後シミが濃くなる?

1位 品川スキンクリニック 梅田院・梅田駅前院・心斎橋院
みんな利用しているだけのことはある♪

信頼性 ★★★★★
費用 ★★★★★
アフターケア ★★★★★

シミ取りレーザー治療は痛い?施術後シミが濃くなる?

美容クリニックでのシミ取りをためらってしまう要因の1つが痛み。実際施術を受けた人の多くは「痛かった」と言いますね。では実際どうなのでしょうか。
痛みは我慢できなくなるような強い痛みではありません。施術を受けた人は「はじかれるような感覚」「天ぷらの油がはねたような熱い感覚」と言い表します。レーザーが当たる時間はほんの一瞬。そのため痛みも一瞬です。治療自体1分から3分で終わってしまうケースがほとんど。割とあっけなく終わってしまうのです。レーザーを当てた後は数時間から1日ヒリヒリした弱い痛みを感じます。多くの場合、翌日には痛みが治まります。
シミ取りはそのままレーザーを当てられるケースが多いですが、希望すれば麻酔を施してもらえる場合もあります。麻酔は注射でなされることもありますが、部位によっては貼るタイプや塗るタイプの表面麻酔で済まされます。痛みに弱い方は「麻酔してくれますか」と伝えてみましょう。
施術後はシミが濃くなるという噂もあります。実際レーザーを当てた部分がより色が濃くなり、かさぶたもできるので黒っぽく見えます。レーザー治療では皮膚を焼くので後になってかさぶたとなりますが、10日ほど経過すればかさぶたは取れ、濃くなったシミ部分も茶色、薄茶色、ピンク色と徐々に色が薄くなっていきます。かさぶたが取れるまでの間は洗顔は可能ですがメイクはできません。また、かさぶたが取れた直後は一番紫外線を避けなくてはならない時。そうでないとシミが再発する恐れがあります。外出時のマスクは必須アイテムです。美容クリニックで処方されるアフターケアのクリームもしっかり塗りましょう。どうしても紫外線が心配な場合は、夏場の施術は避け秋や冬に施術を受けましょう。